株式会社マスケン概要

その先にあるもの。みちびきだす建築

コンセプト/フレキシブルで可変性のあるデザイン

形や色、ディテールなど、視覚で感じるデザインはもちろん、最近では住まう人の暮らし方や住環境など、ライフスタイルまで含めたデザインが求められるようになりました。

例えば、二世帯住宅であれば、親と子の関係性やつながりを意識した空間デザインが求められ、
子育て世代であれば、家事動線に配慮したプランが最優先されます。
このようにライフスタイルをデザインするとき、私たちが意識しているのは、つくり込み過ぎないこと。

あえて「余白」を残すことで可変性が生まれ、そこからクリエイティヴな暮らしが創出できるからです。
余白とはつまり、建築家からクライアントに向けた住まい方の「ヒント」といえるかもしれません。

コンセプト/徹底的にそぎ落とし、見えてくるもの

まずは、クライアントの要望をくみとり、言葉にならないイメージを引き出すことから始めます。
「共通言語」ともいえるキーワードを探し出すことが家づくりのファーストステップだからです。

キーワードをもとにフリーハンドで描いたアクティブな線は、
一定の方向性を導き出し、線の集合体が具体的なプランとして結実。
その過程においては双方向のコミュニケーションが欠かせません。

大まかなイメージが表現できたら、プラン内容を細部まで詰め、徹底的に削ぎ落とす作業に取りかかります。
居住空間や生活動線を改めて見直し、あらゆるムダを削ぎ落とした結果、浮かび上がってくるのが「時間」という概念です。
削ぎ落とすことで合理性が生まれ、時間のムダも解消されることに。
言うなれば、家づくりにおけるプランニングとは、「省く」「削る」「捨てる」作業そのものです。

コンセプト/五感に訴える、質感と手触り

素材同士が響き合うことで生み出される質感。

絵画表現では「マチエール(仏 matiere)」と呼びますが、この考え方は建築の世界でも欠かせません。
素材の組み合わせにより、家の表情は和にも洋にも変化するからです。

最近注目される「和モダン」の家では、石や木、竹など、自然素材の取り入れ方が重視されるようになりました。
ひと口に「素材」といってもさまざまありますが、それぞれに 太陽の日射しを浴びたとき、雨で濡れたときの質感に違いがあり、気候や季節で表情を変える点が魅力です。
意匠となる素材を決めることは、建物の「顔」を表現することと同じかもしれません。
私たちは、千変万化する素材の魅力をとことん引き出します。

株式会社マスケン概要/栃木県宇都宮市のデザイン住宅

会社名 株式会社マスケン(マスケングループ概要
住所 本社:〒321-0121 宇都宮市雀宮町413-1
営業時間 8:30~17:30(定休日:水曜日)
代表取締役
Mail info@masuken-t.jp
設立 1994年9月
連絡先 電話028-653-4786 FAX 028-653-6081
資本金 10,000,000円
取引銀行 栃木銀行 足利銀行
従業員数 12名(グループ総従業員数 52名)
建設業許可 栃木県知事許可(般-21)第20404号
その他資格 1級建築士/3名 2級建築士/5名 2級建築施工管理技士/1名 宅地建物取引主任者/4名 カラーコーディネーター/1名 ライティングコーディネーター/1名
事業内容 建築工事業(RC、鉄骨、木造) 注文住宅 共同住宅 オーナーズ住宅 アパート マンション 公共工事 店舗工事 リフォーム 外構工事 の設計及び施工
関連事業:不動産土地取引

株式会社マスケンへの交通案内

このページのトップへ

Copyright© Masuken. Allrights reserved.