住宅性能


BELS(ベルス)



BELS(ベルス)とは

BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)とは、国が推進する新たな住宅の省エネ性能表示制度です。

国が定める建築物の省エネ基準に基づき、第三者評価機関により住宅の性能を同じ物差しで評価し、☆の数で住宅性能を表示するものです。

当社では、最高ランクである5スター(☆☆☆☆☆)を標準とし、全棟で認定ラベルを取得しており、お客様のより快適な住まいづくりの一貫として取り組んでおります。
※条件により4スター(☆☆☆☆)の認定となる場合もございます。

BELS

BELSの5段階の星マークのレベル (一般住宅との比較値)

BELS=設計一次エネルギー消費量(OA機器、家電など分を除く)÷基準一次エネルギー消費量(OA機器、家電など分を除く)

BELS

ゼロ・エネルギー住宅



ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。
住宅の断熱性能や設備の省エネ性能の向上、再生可能エネルギーの活用等により、1年間の消費エネルギー≦創エネルギーになる住宅を指します。


ゼロ・エネルギー住宅

BELS

政策目標として2020年までにZEH(ネット・ゼロエネルギー・ハウス)を新築戸建住宅の過半数を、またZEH化を2030年までに新築住宅の平均で実現することを目指すとしています。
当社は、一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII)が公募する「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(ZEH)」においてZEHビルダーとして承認されており、より高性能の住宅を提供していくため、ゼロエネルギー住宅の普及に取り組んでまいります。

※条件によっては補助金が受けられます。(平成28年度)


長期優良住宅



長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で住まい続けることができる質の高い住宅のことです。住宅を長期にわたり使用できることにより、住宅の解体・除却に伴う廃棄物の排出を抑え、環境への負荷を減らすとともに、建替えに係る費用を減らすことによって国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かな暮らしへの転換を図ることを目的にしています。また「長期優良住宅」として認定を受けることで、補助金交付や住宅ローン減税など、税制面で様々な優遇措置が受けることができます。


耐震



当社ではベタ基礎を標準とし、躯体には筋交いと金物による耐震補強に加え、床を一体化させた面構造の剛床工法を採用しております。 また、全棟にて耐震等級3相当の壁量計算を行っておりますので、デザイン性だけでなく安全面においても高いパフォーマンスを実現します。


壁量計算書



オプションにて更なる安全性を提供します。


制震の安心

「WUTEC-SF」は、幾何原理と高純度アルミニウムにより高い制振性能を実現。地震の揺れ幅を最大80%低減できます。
また、耐力壁をWUTEC-SFに置き換えるだけで、特殊工事も補強もいりません。建築指定材料を使用、「壁倍率2.6取得」。

本震・余震どんな地震でも効果を発揮

大地震の後も同じ性能が保たれ、繰り返しの余震に対しても安心です。短周期地震、長周期地震に対しても同じ効果を発揮します。

メンテナンスフリー

時間による劣化、温度変化による性能低下がありません。どんな環境でも抜群の安定性で同じ性能を発揮、半永久的に地震に備えます。

地震や火災に強い耐震ボード

高い耐震・防火性能に加えて、腐りにくく、白蟻にも強さを発揮。丈夫で長持ちする住まいづくりにおすすめです。
防腐・防蟻性に優れ、寸法安定性・透湿性にも優れた[ダイライトMS]。外壁通気構法の効果をより高める下地材です。また軽量ながら構造用合板(特類)と同レベルの強度を誇るとともに、防火性が高いなど、外壁下地材に与えられた多彩なニーズに対応。12㎜厚と9㎜厚の2種類を用意しています。
ダイライトMSは外装仕上げ材や断熱材の種類も豊富な防火構造認定を取得。 壁倍率3.0倍(12㎜厚、木造軸組の場合)を取得しています。


省令準耐火構造



建築基準法で定める準耐火構造に準ずる防火性能を持つ構造として、住宅金融支援機構が定める基準に適合する住宅をいい、火災保検料の優遇値引きを受けることができます。

「省令準耐火構造の住宅」の特徴


防蟻対策



防蟻対策については、ベタ基礎とキソパッキン・薬剤注入土台の採用と地盤面から1m以下の部分の現場処理を行うことで、長期的なシロアリを寄せ付けにくい環境づくりをしております。


キソパッキン

キソパッキン

「キソパッキング工法」による床下全周換気は、従来工法に比べ1.5倍から2倍の換気性能を実現します。土台の腐れとシロアリを寄せ付けにくい環境をつくります。基礎と土台を絶縁し、湿気を効率よく排出し、省エネ・耐久性向上・耐震安全性を実現します。


キソパッキン工法を採用頂いた場合
施工後10年以内に蟻害が発生した場合、累計1,000万円を限度に賠償責任保障額の給付が補償されています。

マスケン標準比較表 (認定住宅メリット)



工法・仕様



当社では標準仕様においても、高水準での住宅性能を誇ります。お住まいいただけるお客様に、快適な生活空間を提供させて頂くため、厳しい自社基準を設けております。


基礎/ベタ基礎

家の荷重を底板全体で受け止め、建物を支えるため、負荷が分散し、地震や台風などの衝撃を効果的に地面へ逃がすことができます。 また、シロアリの床下への侵入を防ぐことができることや地面から上がってくる水蒸気(湿気)を防ぐことが出来ます。

工法/木造軸組み工法+剛床工法

日本で古くから発達してきた伝統工法を簡略化・発展させたもので、長年の実績がある工法です。設計の自由度が高く、開口幅(出入り口の幅)が大きく取れるのも、この工法の特徴です。また将来の間取りの変更や改築が比較的容易にできる可変性が高い工法となります。また、床を一体化させた面構造の剛床工法の併用により、水平方向の揺れに強く建物が変形しにくい、地震に強い工法を標準としています。

断熱性能仕様


高性能グラスウール断熱材(壁・天井)

16K相当(熱伝導率0.038W/m・k)JIS A6930(住宅用プラスチック系防湿フィルム付で、省エネルギー対策等級4に対応した断熱材です。


防湿フィルムを重ね止めすることで、長期間でもズレが生じることが無く、高い断熱性と気密性を保ちます。


断熱材の敷き込み後、防湿気密シートを施工することで、高い断熱性と気密性を保ちます。

ポリスチレンフォーム断熱材(床)

(熱伝導率0.028W/m・k)独立気泡の小さな泡の中に気体を閉じ込めました。これにより熱伝導の3要素「対流・輻射・伝導」の数値を小さく固定。熱をさえぎり、結露を抑制します。


ウレタン吹き付け断熱材
(壁・天井)

(熱伝導率0.035W/m・k)完全ノンフロン高発泡で、住まいの快適さと次世代の環境を考えた新発想のスプレー断熱システムです。

遮熱透湿防水シート

マスケンでは透湿防水はもちろんのこと、遮熱の性能を備えたシートを使用しております。アルミ層を付加した壁用遮熱透湿シートが高い反射率を保持。冷房効果もUPし省エネに。



アルミ樹脂複合+Low-E複層ガラス

2枚のガラスの空気層とガラス内側の金属コーティングにより熱の伝わりを軽減。単板ガラスの約4倍の断熱効果を発揮します。


防露効果

結露は、カーテンや窓額縁、床の汚れの原因になるだけでなく、住まいの耐久性にも影響を与えます。このいやな結露の発生を抑えます。


防露性能比較
[社内試験条件]室内温度:20℃/室外温度:0℃/相対湿度:50%

樹脂サッシ+Low-E アルゴンガス入りガラス

樹脂の熱の伝わりは、アルミの約1,000分の1。室内外の温度差で生じる結露を大幅に軽減します。またアルゴンガスは、乾燥空気に比べ1.5倍も熱を伝えにくく、更に断熱性能が高められます。

その他オススメ仕様

大谷石

大谷石は天然ゼオライトを含有しています。
ゼオライトは、スポンジ状の小さな穴を持つ鉱石でマイナスイオンと強い遠赤外線を放出、癒しや熟成の効果を発揮します。
その効果は、ガスや水を吸着、また消臭もあります。 大量のマイナスイオンは細胞の活性化、免疫強化、自律神経の調整、精神安定、空気の清浄化などがあります。 建物の意匠となる素材を選びには、デザインだけでなく素材の持つ効果も考えます。

珪藻土(稚内層珪藻貢岩)

他の珪藻土に較べ、比表面積が4倍、細孔容積は約5倍の、稚内産珪藻頁岩のみ限定して使用しました。一口に珪藻土といっても、産地により、その性能は異なります。稚内層珪藻頁岩は、比表面積が100m2/gと、その他の珪藻土の約4倍であり、その細孔容積は約5倍です。細孔が大きいため、吸放湿性において、最も優れています。

しっくい(村樫しっくい)

村樫のしっくい
本物にこだわり、漆喰の本来の風合いと作業性を追い求めたしっくいです。主原料は自社鉱山から採掘された高品位の石灰石を縦窯で丹念に焼きあげた塩焼消石灰。 これに晒しスサ、紙スサ、粉角又を絶妙なバランスで配合、住まい手に、必ずご満足頂けます。
※マスケングループ会社
田村化成(有)関連商品

ハイクリンボード


せっこうボードの優れた性能を保持したまま、「シックハウス症候群」の原因となっているホルムアルデヒドを吸収し、さらに分解します。クリーンで快適な空間をみなさまにお届けします。新築住宅や家具などから発生するホルムアルデヒドを短時間で吸収分解します。 ホルムアルデヒドを化学的に吸収分解するので再放出しません。

床無垢材

村樫のしっくい
無垢材は、断熱性や保温性が高いのが特長です。また、湿気の多い季節は湿気を吸収してくれて、乾燥する季節は排出する調湿作用もあるので、夏は素足で歩いてもべとつかず、冬は静電気を抑えるというメリットもあります。ただ、湿度の変化によって、膨張と収縮を繰り返すので、反りや割れなどが生じることも。


このページのトップへ

Copyright© Masuken. Allrights reserved.